前へ
次へ

なぜ切手は分別しておく方が良いのか

切手を買い取って欲しい時は、基本的には仕分けしておく必要があります。買取店に売る切手は、複数種類になっている事もあります。日本で作られた切手だけでなく、アジアの海外諸国で作られた切手を売りたいケースもよくあります。その複数の切手は、基本的には分別する方が無難です。例えば袋Aには日本産の切手を封入しておき、袋Bには海外の切手を入れておくといった具合です。買取のお店によっては、上記のように分別しておかないと受け付けてくれないケースがあります。大抵それは公式サイトに明記されていますから、買取を依頼する前にサイトを見ておくと良いでしょう。なおお店によっては、切手が分別されていなくても買い取ってくれるケースもあります。しかし分別しなくても問題無いお店でも、念の為に仕分けしておく方が良いでしょう。特に実店舗への持ち込み買取を利用するなら、分別する方が無難です。分けておかないと、切手の査定に時間がかかってしまうからです。

Page Top